高校野球バックネット裏

金髪ニキは甲子園の他に京セラにも出没!職業が気になる




金髪ニキは甲子園の他に京セラにも出没!職業が気になる

金髪ニキといつからか呼ばれている黄色いメガホンを持って応援する黄色い服の人

甲子園での高校野球で毎回テレビに映ってるが、他にも京セラドームにも出没しているらしい。

しかし毎日甲子園に足を運べる金髪ニキの職業は何なのだろう…

今回は金髪ニキこと、甲子園に居る黄色いおじさんの正体を調べてみました。




【スポンサードリンク】

金髪ニキは甲子園の高校野球全試合フル出場

高校野球でいつからか毎回見かけるようになった金髪ニキ。

わたしも全試合追っかけて見ていましたら、すべての試合に金髪ニキが映っているんですよね

金髪ニキのポジションは必ず、3塁側内野席前方。

高校野球夏の大会観客席シート表

販売席マップによると、3塁特別自由席ですね。

この3塁特別自由席券は高校野球の場合、通し券があるので金髪ニキの場合は

あらかじめプレイガイドで通し券を買っていて、いつもの場所を取るために早くから並んでいそう。

大会18,000円の投資か…出せなくはない値段だ(笑)

しかし全試合観戦となると相当な体力が必要だし

しかも金髪ニキは全力で黄色いメガホン叩いて応援してるしすごいよなぁー。

さらに自由席だから、いつもの前方を取るには早くから並ばないと大変!

必ず3塁側にカメラが回った時に金髪ニキがいるので、これはカメラ映りを狙っての場所取りなのか

単に前方で試合を見たいだけなのか…

誰もが目を奪われる3塁側の瞬間なのであります(笑)

【スポンサードリンク】

京セラドームでも金髪ニキを発見!どこ推しなの?

金髪ニキは高校野球ファンなんだなと思いきや

京セラドームでのプロ野球でも、金髪ニキの出没が確認されます。

京セラドームはオリックスバファローズの本拠地。

ということは金髪ニキ、オリックスファンなのか?

いやアンチオリックスという話もあるし、タイガースファンという説もある。(黄色だけに

実際タイガースファンとしてインタビューを受けているところも目撃されています。

しかし社会人野球にも金髪ニキが来ているそうだしもう何がなんだか…

他にも、バスケやラグビーの試合にも金髪ニキが現れて全力で応援しているという

幅広すぎるぜ金髪ニキ…きっと応援すること自体が好きなんでしょうね。

たまに新キャラに存在を消されてしまう金髪ニキ

高校野球ではひときわ黄色が目につくので存在感を現している金髪ニキですが

時々仲間たちに囲まれてしまい、せっかくのオーラが消えてしまっている時があります。

上半身を日焼けしたいボディービルダーに守られる金髪ニキ

金髪ニキは元々ラガーさんで有名な8号門クラブの一員らしく

現在の3塁側定位置に来る前は、バックネット裏に居たのです。

8号門クラブの仲間たちを想像すると、このボディビルダーさん達もきっと仲間なのでしょう

いつもはソロ活動で応援を頑張っている金髪ニキも、仲間と観戦するのもまた楽しいんでしょうね

全力で楽しめる趣味を持っているのってなんだか羨ましい~。

結局金髪ニキの職業は何者なのか

毎日甲子園に足を運べるほどの金髪ニキなので

通し券をプレイガイドで買えるということもあり、関西在住ということまでは推測できました。

どうやら神戸在住ということを確認(どこからどうなってそうなった

ここまでは誰でもが推測可能。あとは職業と出身地。

見た目年齢がラガーさんよりずいぶん若いので、定年後の楽しみではまずない。

しかも毎年現れているので、ニートにしても期間が長すぎる…

春と夏の一定期間に休める仕事なのでしょうか。

もしくは実家が芦屋のお金持ちとか…だったらもっとセレブな趣味もあろうに…

 

至るところで出没が確認され、どこ推しなのかも確定できない金髪ニキですが

きっと弱いチームを応援することによって勝つ喜びを知ってしまったのでしょう。

そして自分がテレビに映ることで、見ている人にも元気を与えたい!

ここまで金髪ニキが考えていたらすごい策略ですけどね(笑)

金髪ニキが目立ってもなお好感が持てるのはきっと、全力で応援しているから!

応援のテンポには若干ずれている時もあるけれどw

たまに今そうじゃないっていう動きをすることがありますがこれも金髪ニキの想いが詰まっているもの

温かく見守ってあげましょう。

また甲子園で金髪ニキの出没が確認できるのを楽しみに

いつか直撃インタビューしてみたいものです!




【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




Return Top