高校野球バックネット裏

高校野球秋季2018 地区大会日程と会場




高校野球秋季2018 地区大会日程と会場

2018年の高校野球秋季大会の日程が決まりました!

秋季大会は夏の高校野球都道府県予選でも活躍した、2年生を先頭に率いる新チームでの試合となり

また2019年のセンバツ高校野球の選考材料にもなります。

新たに編成されたチームで各高校がどう勝ち上がってくるのか楽しみですね!

まずは地区大会の日程と会場から見ていきましょう。

 




【スポンサードリンク】

秋季高校野球 2018年の地区大会日程と会場

高校野球秋季大会は、各都道府県大会を経て、成績優秀校が各地区大会へ進みます。

地区(開催場所) 日程 会場
北海道 9月30日(日)~10月7日(日) 札幌市円山球場・札幌市麻生球場
東北(秋田) 10月12日(金)~10月17日(水) こまちスタジアム・さきがけ八橋球場
関東(山梨) 10月20日(土)~10月28日(日) 山日YBS球場
東京 10月6日(土)~11月4日(日) 明治神宮球場
北信越(新潟) 10月13日(土)~10月21日(日) HARD OFF ECOスタジアム新潟
東海(三重) 10月20日(土)~10月28日(日) 四日市市霞ヶ浦第一球場
近畿(兵庫) 10月20日(土)~11月4日(日) ほっともっとフィールド神戸
中国(岡山) 10月26日(金)~11月4日(日) 倉敷マスカットスタジアム
四国(香川) 10月27日(土)~11月4日(日) レクザムスタジアム
九州(熊本) 10月20日(土)~25日(木) リブワーク藤崎台球場

地区大会の出場校が出揃い次第、追って掲載いたします。

【スポンサードリンク】

秋季大会での優勝者は神宮大会へ進出

さて、各地区の秋季大会で優勝したチームは引き続き明治神宮野球大会へ進出します。

2018年神宮大会の日程は11月9日から4日間。神宮球場での開催→アクセスはこちら

神宮大会については、また詳細が決定次第お伝えしますね。

主催は高野連ではなく日本学生野球協会。大学の部と高校の部が並行して開催されます。

【スポンサードリンク】

秋季大会の楽しみ方・観戦方法

秋季大会は夏の地区大会ほど、各地区でも盛り上がっておりません。

気がついたら終わってた…ということも。

センバツ出場校が決まった時に、「秋季大会での成績は~」と聞いて

あ、秋季ってやっていたのねと気がつくぐらい(笑)

だからこそ、次の金の卵を先に見つけるいい機会なのです!

新チームで勝ち上がる姿を見て、センバツに選ばれたら

「あいつ秋季ではええ活躍したんや」と自慢できます(笑)

そしてやっぱり、会場に余裕があるので混雑や行列を気にすることなく

高校野球を観戦するには秋季大会おススメです。

ちょうど日差しも和らいできますし、日焼けや熱中症の心配も夏ほどはありません。

ただうっすら肌寒くなる季節になりますので、一枚上にはおれるものや

温かい飲み物を用意しておくのがいいかもしれませんね。

入場チケットは夏の地区大会と同じ料金の予定。

東京都大会の準決勝・決勝戦の前売り券は、10月1日10時からちけっとぴあでの発売。

もし完売していたらこちらも覗いてみましょう→【チケットストリート】

秋季大会は、夏の都道府県予選で惜しくも負けてしまった2年生がどう成長して秋季に臨んでくるのかも見どころ。

また、甲子園で活躍した高校が早々と負けてしまってセンバツ絶望…という展開も見せております。

新チーム結成も、甲子園出場校よりは随分早いですし

負けた悔しさを練習に代えて、秋季大会に挑んでくることでしょう。

秋季地区大会に各都道府県からどんなチームが出場するのか、今から楽しみですね!




【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




Return Top