高校野球バックネット裏

センバツ2022対戦組み合わせ 試合結果速報も




センバツ2022対戦組み合わせ 試合結果速報も

2022年春のセンバツ、第94回選抜高校野球選手権大会の

組み合わせ抽選が行われ、各地区代表の対戦相手が決まりました。

トーナメントのやぐらが決定していますので

甲子園での試合結果速報とともに、随時追って更新します。

注目校や出身地域の高校はどのチームと対戦するのでしょうか、早速チェック!




【スポンサードリンク】

センバツ高校野球2022 1回戦組み合わせ

※試合日は雨天順延で変更になる場合があります。

※出場予定の京都国際(京都)がコロナ陽性判定により出場辞退、補欠校の近江(滋賀)が繰り上げ出場となりました。

3月18日(金)大会1日目

雨天により順延

3月19日(土)大会2日目

第1試合 浦和学院(埼玉) 4-0 大分舞鶴(大分) 浦和学院が21世紀枠の大分舞鶴に完封勝利。

第2試合 和歌山東(和歌山) 8-2 倉敷工業(岡山) 延長11回表、倉敷工業先発の高山投手が乱れて大量得点を許してしまう…

第3試合 クラーク国際(北海道) 2-3× 九州国際大付属(福岡) 佐倉くんの犠牲フライで九州国際大附属がサヨナラ勝利!

3月20日(日)大会3日目

第1試合 広陵(広島) 9-0 敦賀気比(福井) 広陵内海くん・真鍋くんの2年生ビッグ4が大活躍!

第2試合 長崎日大(長崎) 2-6 近江(滋賀) 急遽出場が決まった近江の仕上がりが素晴らしい!

第3試合 二松学舎大附属(東京) 3-9 聖光学園(福島) 二松学舎大附属の投球が乱れたのが後押しして聖光学園が圧勝。

3月21日(月)大会4日目

第1試合 山梨学院(山梨) 1-2 木更津総合(千葉) 延長13回タイブレークの表、山梨学院守備と投球が裏目に出て木更津総合の押し出しサヨナラ。

第2試合 日大三島(静岡) 0-4 金光大阪(大阪) 金光大阪が投打共に好調で甲子園初勝利!

第3試合 高知(高知) 4-2 東洋大姫路(兵庫) 高知が優勢な流れの8回裏、東洋大姫路が粘って藤田監督の勇退に花を添えました。

3月22日(火)大会5日目

第1試合 国学院久我山(東京) 4-2 有田工業(佐賀) 両者接戦、雨上がりの甲子園球場が味方したのは国学院久我山。念願の春1勝!

第2試合 星稜(石川) 5-4 天理(奈良) 延長11回表、天理の牽制悪送球で星稜に2点を許してしまう…裏の追い上げも届かなかった…

第3試合 只見(福島) 1-6 大垣日大(岐阜) 大垣日大五島投手18奪三振!21世紀枠の只見も食らいつき甲子園初得点!

3月23日(水)大会6日目

第1試合 花巻東(岩手) 4-5 市立和歌山(和歌山) 好投の市立和歌山米田投手、9回に花巻東ビッグイニングを作られたがなんとか完投勝利!

第2試合 大島(鹿児島) 0-8 明秀日立(茨城) 明秀日立の一方的試合になりそうな中、大島も9回表で島民の応援を受けて1アウト満塁まで盛り上げ大健闘。

第3試合 丹生(福井) 7-22 広島商業(広島) 21世紀枠最多得点の丹生、広島商業に序盤逆転、9回もチャンスを作って盛り上げました!

3月24日(木)大会7日目

第1試合 鳴門(徳島) 1-3 大阪桐蔭(大阪) 大阪桐蔭打線が鳴門のエース富田投手から3点を奪う展開!

【スポンサードリンク】

センバツ高校野球2022 2回戦組み合わせ

3月24日(木)大会7日目

第2試合 浦和学院(埼玉) 7ー0 和歌山東(和歌山) 浦和学院投手陣が和歌山東に2安打無失点の完封リレー。大会第2号ホームランも飛び出しました!

第3試合 九州国際大付属(福岡) 4ー1 広陵(広島) 黒田くん4安打4打点の大活躍で九州国際大附属の勝利!

3月25日(金)大会8日目

第1試合 近江(滋賀) 7ー2 聖光学園(福島) 聖光学園の守備陣をくぐり抜けて近江打線爆発!山田投手も5安打2失点の完投勝利。

第2試合 木更津総合(千葉) 3ー4× 金光大阪(大阪)13回タイブレーク裏、押し出し同点のちデッドボールで金光大阪のサヨナラ。

第3試合 高知(高知) 3ー6 国学院久我山(東京) チャンステーマ一本に乗せたタイムリーで国学院久我山がベスト8進出!

3月26日(土)大会9日目

【スポンサードリンク】

雨天により中止

3月27日(日)大会10日目

第1試合 星稜(石川) 6ー2 大垣日大(岐阜) 星稜が投打かみ合って4年ぶり4回目のベスト8進出!

第2試合 市立和歌山(和歌山) 2ー1 明秀日立(茨城) エース対決の投手戦をキメたのは市立和歌山米田くんのサヨナラタイムリー!

第3試合 広島商業(広島) ー 大阪桐蔭(大阪) 広島商業の関係者にコロナ陽性者が出た為、大阪桐蔭の不戦勝。

センバツ高校野球2022 準々決勝

3月28日(月)大会11日目

第1試合 浦和学院(埼玉) 6ー3 九州国際大付属(福岡) 4番鍋倉くんのタイムリーと勝ち越し3ランHRで浦和学院がベスト4一番乗り!

第2試合 近江(滋賀) 6ー1 金光大阪(大阪) 近畿大会準々決勝同カードは近江が制した!

第3試合 国学院久我山(東京) 4ー2 星稜(石川) 下川邊くんの2ランHRで国学院久我山が初のベスト4!

第4試合 市立和歌山(和歌山) 0ー17 大阪桐蔭(大阪) 大阪桐蔭が1試合中6本のホームラン!大会史上PL学園とタイ記録。

センバツ高校野球2022 準決勝

3月30日(水)大会12日目

第1試合 浦和学院(埼玉) 2ー5× 近江(滋賀) 延長11回裏、近江大橋くんのサヨナラ3ランHR!

第2試合 国学院久我山(東京) 4ー13 大阪桐蔭(大阪) 今回も大阪桐蔭の快打線!9回裏国学院久我山も粘りました。

センバツ高校野球2022 決勝

3月31日(木)大会13日目

近江(滋賀) 1ー18 大阪桐蔭(大阪) 先発全員安打の4HR含む16安打18打点、先発前田投手も11奪三振1失点で大阪桐蔭が優勝!

センバツ組み合わせ抽選にはルールがある

各地域から選抜された出場校同士が早い段階で潰しあいにならないように

組み合わせ抽選時にルールが設けられています。

  • 同一道府県から2校出場する都道府県は決勝まで対戦しない
  • 近畿、九州、関東・東京の同じ地区同士は準々決勝まで対戦しない
  • 中国、四国同士は準決勝まで対戦しない
  • 北海道、東北、東海、北信越同士は決勝まで対戦しない

このようにまんべんなく組み合わせが配分されての抽選になりますので、毎年予備抽選が長いのですが(笑)

2022年はオンラインで全国を繋いでの抽選会となりました。

同地区対戦カードが見られる勝ち上がりになるかどうかも楽しみの一つ。

過去の同一都道府県同士の決勝は

  • 中京商-東邦商
  • 東邦商-一宮中
  • 京都一商-京都二商
  • 日大桜丘-日大三
  • 大阪桐蔭-履正社

こういった対戦カードが見られました。

2022年のセンバツ組み合わせは地域的にうまくばらけた感じ、21世紀枠の登場が後半戦に固まった様子。

ここからどう勝ち上がってくるのかに注目したいですね。

 

2022年の春の甲子園センバツ大会は、生のブラスバンドが観客入りします。

録音音源もそれなりに盛り上がったのですが、やっぱり観客席で必死で応援する姿が見られるのが感動を呼びますね。

 

第94回選抜高校野球は大阪桐蔭が優勝、近江が準優勝という結果で幕を閉じました。

京都国際の出場辞退を受けて、補欠校からの急遽出場で決勝まで進んだのは近江が初。京都国際への想いが勝利を掴み続けました。

また大阪桐蔭の投打力を見せつけられた大会でもありましたが、1回戦をロースコア展開にできた鳴門のエース富田投手は素晴らしかった。

昨年の夏に近江に負けた悔しさから、大阪桐蔭も相当練習を重ねて来られたと思います。

秋の神宮大会からの連覇、また夏の甲子園では秋春夏連覇を狙ってくるでしょう。

しかし大阪桐蔭も所々小さいミスも見られたので、他のチームも全く勝ち目がないとはいえず、自分たちの勝ち方を見つけてまた甲子園に戻ってきてほしいですね。

また夏にはどんなチームが甲子園に集まるのか、楽しみにしています!




【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

高校野球情報は報知高校野球でチェック!




Return Top