高校野球バックネット裏

高校野球の応援歌 原曲で打順を組んでみた




高校野球の応援歌 原曲で打順を組んでみた

高校野球のもう一つの魅力、応援歌を各高校がパフォーマンスと共に演奏しているところ。

あの応援歌の原曲って何だろう?意外な出所もあったりして!

そんな高校野球の応援歌、原曲で打順を組んでみました。(当サイトの独断と偏見です!)

どの場面でどんな曲を登場させるのか、参考になればうれしいです!

 




【スポンサードリンク】

高校野球応援歌原曲 打順1番から9番まで一挙公開!

では早速いってみましょー!

1番 ファースト エル・クンバンチェロ

原曲はラファエル・エルナンデス作曲の吹奏楽曲。

さあ今から始まる!出塁するぞ!という意気込みを曲に乗せて。

2番 ショート SEE OFF

ロックバンドBRAHMANの曲が甲子園の応援曲になったのは

茨城県立日立一高の女子が、「歌詞の『to the end』が『甲子園』に聞こえた」ことが事の発端。

応援歌の歌詞は「さぁ燃えろ白亜の球児たち 今こそその時 栄光の火をかざし いくぞ甲子園」

1番バッターが出塁し、2番バッターが送るところをイメージしてみました。

3番 センター どか~ん

真心ブラザーズ4枚目のシングル曲。

どかんと一発!やってみよーうよー

3番バッターそろそろ一発タイムリーヒットが欲しいところ、もう歌詞そのままですね。

4番 ライト サンバ・デジャネイロ

サンバ・デジャネイロといえば、報徳学園のアゲアゲホイホイ!

エッサエッサー(エッサエッサー)

アゲアゲホイホイ(アゲアゲホイホイ)

もっともっとー(もーっともっともっと)

男子が前半、女子が後半でパートを分かれるのがかわいくて盛り上がります!

3番がタイムリーを打って、試合が動いてきたところ。もっと盛り上がろう!というイメージにしてみました。

5番 レフト アフリカン・シンフォニー

原曲は、ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニーの楽曲。

普通に吹奏楽のステージでもよく演奏されていますが、智辯和歌山を筆頭にすっかり応援歌の定番曲ですね。

打順5番あたりからが勝負どころ、じりじりと粘る系の曲を選んでおります。

6番 セカンド We Will Rock You

イギリスのロックバンド、クイーンの代表曲。ドンドンパッ、ドンドンパッの拍子はついつい皆でやってしまいます(笑)

高校野球だけでなく、サッカー、格闘技、プロ野球などあらゆるシーンで使われていますね

ドンドンパッのリズムが相手ピッチャーにプレッシャーを与えるイメージです。

まぁ単純に言ってカッコいい!!

7番 サード ジョックロック

ジョックロックといえば智辯和歌山ですが(アフリカンシンフォニーを編曲した吉本英治先生が手掛けました)

原曲はもとは1990年代にヤマハがPSR-740などのキーボードのユーザーのために配布していた

XG MIDI ファイルの中の一曲だそうです。作曲者は Rob Rowberry

いわばただの音源だったのが、今や高校野球では欠かせない曲となりました。

こちらも、次のバッテリー打順につなぐイメージで。

8番 ピッチャー サウスポー

【スポンサードリンク】

ピンク・レディー1978年の作品。高校野球でも定番曲になりましたね

この曲ができたいきさつとしては、当時ピンクのユニフォームを着ていたクラウンライター・ライオンズの永射保が

巨人の王貞治に対してアンダースローから大きなカーブで空振り三振に仕留めたことが発端だそうです。

ピッチャーの打席登場ということで、ピッチャー対決のイメージにしました。

9番 キャッチャー タッチ

高校野球マンガ「タッチ」のアニメ主題歌オープニング。歌手は岩崎良美さん。

呼吸を止めて一秒あなた真剣な目をしたから そこから何も言えなくなるの

このやりとりがキャッチャーのサインぽいかな?と思うのですがいかがでしょう。

キャッチャー打席登場というイメージで選んでみました。

【スポンサードリンク】

大量得点のチャンス到来!チャンステーマも選んでみた

打順別応援曲とは別に、チャンスが訪れた時に演奏するチャンステーマも用意してみました。

コンバットマーチ

チャンステーマの定番曲ですよね!

大学野球では「これはうちの曲だ」との攻防が繰り広げられているようですが(笑)

プロ野球では、阪神の岡田彰布の応援歌として知られています。

吹奏楽部ならコンバットマーチの楽譜は必ずどこかにあるはず!

モンキーターン

千葉ロッテのチャンステーマ3としてすっかりおなじみですが、元々はパチスロでかかった時に流れる曲(笑)

おーおーおーおーおーおおーおーおーおーおおおおー燃え上がれ、燃え上がれ、勝利を掴み取れー!

ここは皆でジャンプジャンプ!!

ただチャンスが長いとかなりキツイ曲になりますww

大進撃

早稲田大学応援部がオリジナル。最近では高校野球でもチャンステーマとして使用している高校もちらほら。

左右に移動しながら応援する姿がかわいいですよね!

 

夏の100回大会にふさわしい応援歌

夏の甲子園が2018年で100回大会になるのに伴い、

記念大会らしい応援歌も選んでみました。

アメトーーク 高校野球大好き芸人応援歌

アメトーーク・高校野球大好き芸人のために作られた楽曲。

発表になったのが、出場校が出揃った7月30日

100回大会の甲子園に間に合うのか?吹奏楽部が練習するのにも大変そうですが

次の91回センバツにはきっと、甲子園を沸かせてくれることでしょう。

夏疾風

嵐の楽曲、朝日放送「熱闘甲子園」のテーマソング。

100回大会の夏は幾度となくこの曲を聴くことになりそうですが

タイトルに夏と入っているため、センバツにはちょっと使いづらいか…?

どこかの合間で演奏が聞こえてくると、少しリフレッシュできそうな一曲です。

 

以上応援歌打順、チャンステーマをまとめてみました。

わたしも高校時代は吹奏楽部で地方大会に応援に行っていた関係で

球場でブラスの音色を聴くとテンション上がります(笑)

当時はイニング中は鳴り物禁止で演奏できず、チェンジの合間でささっと演奏するのが関の山でした

(現在も地方大会は鳴り物禁止のところもあるようです)

甲子園ではガンガン演奏して派手に応援できるので、そんな応援合戦も楽しみのひとつ。

あなたの高校野球部ではどの曲をセレクトしますか?

魅力的な応援歌で、選手たちの活躍を盛り上げていきましょう!




【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




Return Top