高校野球バックネット裏

高校野球春季大会2019 各地区組み合わせと結果




高校野球春季大会2019 各地区組み合わせと結果

2019年の高校野球春季大会、地区大会の出場校が出揃ってまいりました

各都道府県大会の上位校が出場する春季地区大会、2019年の組み合わせと結果をお伝えします。

※情報決定しだい随時更新中。




【スポンサードリンク】

高校野球春季大会2019 北海道地区の組み合わせ

高校野球春季大会北海道地区2019年組み合わせ

北海道大会は、初戦で札幌第一対札幌大谷というセンバツ代表同士の対決。

夏の大会は南北で分かれての開催になるので、この対戦カードが見られるのも珍しいです。

さらに同じBゾーンには滝川西や駒大苫小牧。Aゾーンには釧路湖陵。

<決勝>駒大苫小牧7-0苫小牧工 駒大苫小牧優勝!

高校野球春季大会2019 東北地区の組み合わせ

高校野球春季大会東北地区2019年組み合わせ

東北大会は各県大会上位3校ずつの出場。

仙台育英の前監督、佐々木監督率いる学法石川が初戦で母校の東北高校と対戦。

<決勝>弘前学院聖愛5x-4明桜 延長10回の末弘前学院聖愛の優勝!

高校野球春季大会2019 関東地区の組み合わせ

高校野球春季大会関東地区2019年組み合わせ

センバツで準優勝校の習志野は、関東大会推薦出場が既に決まっており

千葉大会準優勝の専大松戸、木更津総合の3校が千葉県より出場となります。

注目は東京都大会1位の東海大菅生。2018年秋季大会決勝と同じ国士舘との対戦でサヨナラタイムリーで優勝しています。

山村学園もベスト4入りと大健闘でした。習志野や国士舘といった強豪校を次々となぎ倒す活躍ぶりが見られましたね。

<決勝>東海大相模 7-3 東海大菅生 東海大対決は東海大相模の春季初優勝!

東海大相模対東海大菅生はユニフォームが一緒で見分けがつかない

ユニフォームが一緒すぎて、攻守の見分けがつかない…(笑)

【スポンサードリンク】

高校野球春季大会2019 北信越地区の組み合わせ

高校野球春季大会北信越地区2019年組み合わせ

星稜高校はノーシードから、石川県大会で起用しなかった奥川投手の登板はあるのか注目。

もう一方のブロックには日本航空石川と敦賀気比が初戦対決、勝者が高岡第一との対戦。

<決勝>星稜3-1敦賀気比 星稜高校の優勝!

高校野球春季大会2019 東海地区の組み合わせ

高校野球春季大会東海地区2019年組み合わせ

2019年センバツ優勝校の東邦高校が、愛知県大会で早々に敗退。

その東邦高校を破った中部大第一高校は初戦で県立岐阜商業と対戦します。

センバツ出場の津田学園は静岡の加藤学園と、2018年夏の甲子園出場校大垣日大は菰野高校と対戦。

【スポンサードリンク】

<決勝>浜松商業4-5×津田学園 サヨナラ勝ちで津田学園初優勝!

高校野球春季大会2019 近畿地区の組み合わせ

高校野球春季大会近畿地区2019年組み合わせ

近畿大会は開幕初戦で奈良の智弁学園対和歌山の智弁和歌山という智弁対決!

全国大会でもなかなか見ることのできない組み合わせで注目度が高まっています。

智弁和歌山7-9智弁学園 6回裏で満塁ホームランの逆転末、智弁学園勝利!

智弁和歌山対智弁学園はユニフォームが一緒で見分けがつかない

これまた見分けがつきにくいユニフォーム…(笑)

近江高校の林投手の成長も楽しみだし、大阪のトップ大商大高校の活躍も期待。

<決勝>近江7-5神戸国際大附属 近江高校優勝!

高校野球春季大会2019 中国地区の組み合わせ

高校野球春季大会中国地区2019年組み合わせ

中国大会の出場校は、開催地である広島県大会の1位~4位と、他県大会の優勝校。

広島勢へのチャレンジマッチなのか…と思うような組み合わせですが、例年開催地基準のようです。

<決勝>関西9-8高川学園 延長11回の末関西の優勝!

広島勢が決勝まで残れなかったのが残念…

高校野球春季大会2019 四国地区の組み合わせ

高校野球春季大会四国地区2019年組み合わせ

四国大会で注目すべきは、高知高校の森木投手とセンバツ出場校高松商業との対戦。

他にも久しぶりに四国大会に上がってきた四学香川西や、21世紀枠からの成長が楽しみな富岡西の活躍も。

5月3日~5日という好日程、ゴールデンウイークは四国大会で過ごすしかないですね!

<決勝>富岡西3-7明徳義塾 明徳義塾高校が2年ぶり11回目の優勝!

富岡西も秋季から成長を見せてくれる準優勝という結果になりました。

高校野球春季大会2019 九州地区の組み合わせ

高校野球春季大会九州地区2019年組み合わせ

初戦から日章学園対西日本短大付属、鹿児島実業対明豊、興南対神村学園といった好カードが出揃った九州大会。

<決勝>西日本短大付属5-1興南 西日本短大付属の優勝!

準決勝の熊本西戦ではやや課題が残る試合となった主将の近藤くん、U-15同期の興南宮城くんから3安打4打点と好成績を残すことができました。

春に優勝すると夏に勝てないジンクスを吹き飛ばし、令和元年には西日本短大付属の活躍を期待したいです!

 

春の地区大会は、夏ほど注目されていませんが高校球児にとっては、1試合1試合が大事な試合。

夏の大会へどう繋いでいくのか、結果を出して勢いをつけるのかそれともリベンジを果たすのか。

夏の地区大会のシード権や招待試合の出場権がかかった春季大会ではありますが

何より秋からどう成長しているのかを楽しめる大会でもあります。

令和の時代になり最初の春季地区大会、どんな試合が見られるのか楽しみです!




【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




Return Top