高校野球バックネット裏

高校野球2018夏予選 近畿地方組み合わせ




高校野球2018夏予選 近畿地方組み合わせ

夏の高校野球2018年の各地方大会の組み合わせが決定しましたね!

今回は近畿地方(滋賀、京都、奈良、和歌山)の組み合わせを調べてみようと思います!

近畿地方ですと大阪桐蔭を筆頭に大阪勢が強いイメージがありますが

和歌山には智辯和歌山と強い高校が多くあるんです!

そこで、各府県の動向と優勝候補を見ていきたいと思います。

<甲子園出場校決定!>夏の甲子園2018 近畿地区代表校とメンバー

甲子園対戦相手決定→高校野球2018夏100回大会 組み合わせ決定!試合結果速報も




【スポンサードリンク】

滋賀大会2018年夏の組み合わせ結果

各県とも朝日新聞社様より組み合わせ表をお借りしました。まずは滋賀大会から。

夏の高校野球2018年滋賀大会組み合わせ

滋賀大会はシード校が4校、50チームの出場です。

今春のセンバツでは滋賀県勢が3校も出場していました。

特にこの夏は近江高校と彦根東高校との2校が優勝候補として上がってきます。

近江はエースの金城登耶投手と4番の北村恵吾選手の活躍に注目です。

彦根東はセンバツで花巻東相手に9回までノーヒットピッチングを演じた左腕・増居翔太投手がチームを牽引します。

2校を追うのは今春県大会優勝の比叡山高校、強力打線を有する滋賀学園高校、機動力野球で善戦している近江兄弟社高校のあたりでしょう。

21世紀枠でセンバツ初出場であった膳所(ぜぜ)高校にも注目ですね。

滋賀県勢の甲子園での戦いは、2001年に近江高校の準優勝が近年の最高成績です。

今年こそ優勝を目指すことでしょう!

<決勝>綾羽4-8-近江 近江高校優勝おめでとう!

京都大会2018年夏の組み合わせ結果

次に京都大会です。

夏の高校野球2018年京都大会組み合わせ

京都大会はシード校が8校、75チームの出場です。

京都には古豪が多いが、2018年は乙訓高校が優勝候補一択でしょう。

昨秋、今春のセンバツ出場、その後の春季県大会優勝と京都大会では圧巻の強さを誇っていますよね。

右腕の川畑大地投手と左腕の富山太樹投手の2枚看板は中々打ち崩せないですよね。

乙訓高校を追いかけるのは古豪の龍谷大平安高校と立命館宇治高校です。

立命館宇治には189センチの長身右腕・西成漱石投手は中々打ちにくいでしょう。

龍谷大平安には小寺・島田両右腕投手、プロ注目の内野手・松田憲之朗選手と高い能力を有した選手が多くいます。

その他、福知山成美高校、京都外大西高校についても優勝候補としてあがっています。

【スポンサードリンク】

<7.20速報>福知山成美、西舞鶴に4回戦敗退 福知山成美3-4×西舞鶴(延長10回)

今回は乙訓高校と龍谷大平安高校がAブロックと準々決勝で当たってしまうため、早くも山場を迎えてきそうです。

<決勝>立命館宇治0-11龍谷大平安 龍谷大平安高校優勝おめでとう!

【スポンサードリンク】

奈良大会2018年夏の組み合わせ結果

奈良大会のシード校は4校で、30チームの出場です。少ないですね〜

夏の高校野球2018年奈良大会組み合わせ

奈良大会は智弁学園高校と天理高校の2校の一騎討ちが予想されます。

ただこの2校は準決勝で当たる予定です。

よって反対の島から上がってくる予定の高田商業が上2校を叩きに上がるでしょう。

智弁学園には今春のセンバツで安定したピッチングを見せた左腕エース・伊原陵人投手がいます。

上背はないものの三振を取れる能力があり楽しみなピッチャーです。

そして1年生でサードのポジションを奪った三田智也選手には注目したいですね。

天理にはプロ注目の太田椋選手です。走攻守三拍子が高いものがあり、チームを牽引します。

しかしその天理を今春の県大会で10対0の完封で勝利しているのが高田商業です。

奈良大会は結構乱打戦が多い県であり、転び次第ではどのチームが優勝するかわからないところがあります。

優勝はどこだろうか・・・

<決勝>天理9-10×奈良大附属 奈良大附属高校優勝おめでとう!

和歌山大会2018年夏の組み合わせ結果

最後に和歌山大会です。

夏の高校野球2018年和歌山大会組み合わせ

和歌山大会のシード校は4校、39校の争いです。

2018年は智辯和歌山高校の1強で間違いないでしょうか。

今年の智辯和歌山は歴代のチームの中でもスター揃いなのです。

エースの平田龍輝投手は日に日に完成度が高まっており、MAX144キロのストレートとフォークが武器です。

平田投手と共に1年生からベンチ入りをしていた林晃汰選手と文元洸成選手はプロ注目のバッターです。

またキャッチャーの吾妻純平選手は遠投125メートルの鉄砲肩で、チームを引っ張ります。

色々書いていくにつれて智辯和歌山の1強さを感じてしまいますね。

しかし和歌山大会は他校の選手にも注目です。

特に日高中津分校の入山海斗投手、和歌山東の杉本禎輝投手には注目です。

<決勝>市立和歌山6-7智辯和歌山 7月26日に優勝校決定!

 

近畿勢は「大阪だけじゃない」と必死でしょう。

特に智辯和歌山は大阪桐蔭相手に2008年から公式戦6戦全敗と苦渋をなめています。

とにかく近畿勢は大阪桐蔭を中心に倒しにくることでしょう。

どこが勝ち上がるか楽しみですね!




【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




Return Top