高校野球バックネット裏

高校野球2018夏福岡大会 組み合わせとシード校決定!




高校野球2018夏福岡大会 組み合わせとシード校決定!

夏の高校野球2018年福岡大会の組み合わせが決定しましたね!

2018年の夏の甲子園大会は100回目の節目を迎えます。

記念大会の際には、県内133校が出場する福岡県は北福岡と南福岡からそれぞれ1校ずつ甲子園に出場できるのです!

北九州方面の北福岡大会と、福岡・久留米方面の南福岡大会と強豪が目白押しです。

そこで今回は2018年夏の福岡大会組み合わせを調べてみました!

<甲子園出場校決定!>夏の甲子園2018 福岡県代表校とメンバー

甲子園対戦相手決定→高校野球2018夏100回大会 組み合わせ決定!試合結果速報も




【スポンサードリンク】

北福岡大会2018年夏の組み合わせ結果

朝日新聞社様より組み合わせ表をお借りしてきました。まずは北福岡大会から見て見ましょう。

シード校は以下の8校です。

ブロック 校名 初戦対戦校 日時 会場
A 東筑 嘉穂総合VS北九州の勝者 7月11日12時 光陵グリーン
B 自由ケ丘 八幡南 7月8日9時半 筑豊緑地
C 東筑紫学園 八幡工 7月8日14時半 北九州市民
D 折尾愛真 玄界 7月8日14時半 光陵グリーン
E 九州国際大付 戸畑工業 7月9日12時 北九州市民
F 光陵 高稜 7月9日14時半 桃園
G 八幡 小倉商 7月10日14時 北九州市民
H 飯塚 須恵 7月10日14時 桃園

 

夏の高校野球2018年北福岡大会組み合わせ

北福岡大会は66校63チームの出場です。

遠賀高校、筑豊高校、行橋高校、西田川高校の4校が連合チームとして出場します!頑張ってください!

昨夏、今春の2季連続で甲子園に出場している公立校・東筑高校は北福岡大会で、3季連続の甲子園出場を目指します。

南福岡大会2018年夏の組み合わせ結果

南福岡大会は以下の通りです。

シード校は以下の8校です。

ブロック 校名 初戦対戦校 日時 会場
A 筑陽学園 福岡中央 7月8日12時 久留米
B 九産大九州 城南 7月9日12時 春日公園
C 久留米商 博多工 7月9日9時半 小郡
D 福岡工大城東 純真 7月9日9時半 久留米
E 東福岡 筑紫丘 7月8日12時 春日公園
F 西日本短大附 福岡第一 7月10日12時 久留米
G 福岡 武蔵台 7月11日9時半 春日公園
H 福岡大大濠 八女工 7月11日12時 春日公園

 

夏の高校野球2018年南福岡大会組み合わせ南福岡大会は70校70チームの出場です。

南福岡大会にはプロ野球選手を何人も排出する強豪校がある一方、今春の九州大会では一校も出場できていないのです。

まさかの事実ですよね・・・。でも大丈夫です!

【スポンサードリンク】

100回記念大会のために南福岡大会として出場校の枠が増えるため、このチャンスを各校とも生かしたいところですね!

【スポンサードリンク】

北福岡大会の優勝予想!3季連続で東筑か?北九州勢が優勝候補か?

北福岡大会で優勝候補の筆頭は公立高校として直近2季連続で甲子園出場を果たしている「東筑高校」でしょう!

当時2年生エースであった石田旭昇投手をもって、昨夏の甲子園に21年振りの出場を果たしました。

そのいきおいのままに今春のセンバツ大会にも出場をし、今年の福岡県でもっとも勢いのある高校でしょう。

実は東筑高校には「石田伝説」というものがあるようです。

これは過去に甲子園出場を果たした年の内の4回が、「石田」姓がエースであるという偶然なのか必然なのか・・・

ということは今年も東筑高校、なのでしょうか。

一方、東筑高校を倒すという強い想いをもった高校もあるようです。

筆頭に上がるのが、同地区のライバル校である2校!

まず1校は強豪私学の一角・九州国際大付高校です。

2018年ドラフトでプロの注目を集める左バッター・甲斐生海選手がチームの主軸です。

元来プロ野球選手を何人も送るチームなので選手層が高いチームです!東筑高校の3季連続出場を阻むかもしれないですね。

<7.12追記>九国大附属、若松高校に敗退 若松5-4九国大附属

9回表に逆転!ほんと最後まで気が抜けないってこのことです…

もう1校は、東筑高校と同じく公立高校の古豪・小倉高校です。

小倉高校といえばプロ注目の投手・河浦圭佑投手がいますね!

今春の練習試合では145キロを連発し、ノーヒッターを演じるなどプロのスカウトを騒がせています。

河浦投手次第では古豪復活も!?

その他長身左腕・鬼塚柊投手を擁する北筑高校も注目です。

DeNAの左腕エース・今永昇太投手の母校である北筑高校の流れを汲み、強気のピッチングが見られそうです。

<決勝>飯塚9-12折尾愛真 折尾愛真高校優勝おめでとう!

 

南福岡大会の優勝予想!強豪私学の争いか?公立進学校に目玉投手も?

一方の南福岡大会ですが、直近は北九州勢に巻かれています。

しかしながら、昨春の選抜大会で躍進した福岡大大濠高校が属しているなど、実力は申し分はないのです。

今大会の優勝候補は東福岡高校と筑陽学園高校のシード2校が筆頭に挙がります。

東福岡高校は強気に投げ込む金光投手と、気概が溢れる村上捕手のバッテリー力を高く評価されています。

一方の筑陽学園高校は大畑・米井の両左腕投手の完成度が高く、優勝に名乗りをあげています。

南福岡大会のダークホースは、昨年の九州北部豪雨の際に被害が大きかった朝倉市に所在する、公立進学校・朝倉高校です。

チームのエースを務める小江光樹投手は2018年のドラフトに掛かる可能性の高い選手です。

188センチの長身から投げ下ろす140キロ中盤のストレートには、未来を感じます。

いや〜、正直南福岡大会はどこが優勝してもおかしくないほど混戦状態ですね。

優勝候補の東福岡と筑陽学園は決勝での対戦予定です。

順当に登りつめられるか見ものです。

<7.13速報>西日本短大付属、沖学園に3回戦で敗退 沖学園7-3西日本短大付属

2017年夏のベスト4、西日本短大付属が早々に消えた…

<決勝>沖学園1-0九産大九州 沖学園高校優勝おめでとう!

 

2018年の夏は2校出場できる、福岡県予選は早くも波乱が起きております。

北福岡と南福岡、それぞれどのチームが夏予選の決勝に上がってくるか楽しみですね。




【スポンサードリンク】
URL :
TRACKBACK URL :

コメントする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください




Return Top